Twitter広告を出稿してみた結果wwインプレッションがヤバイww

FUMILOG ブログ

初めてtwitter広告を出してみた.
恐らく,この記事を見ている人の中には,twitter広告経由で来ている人もいることだろう.

初めてtwitterで,広告を出稿してみたわけだが…

マーケティング

話を戻して,初めてtwitterで,広告を出稿してみたわけだが…
とにかくインプレッションがやばい.
といっても大抵のインプレッションは無視されているわけなんだが…インプレッションの数で見れば,凄い.

Google検索などで利用されるリスティング広告は,検索されるたびに見られる(インプレッションがある)わけだが,twitterの場合,無差別にタイムラインに広告が表示されるので,インプレッションの伸びは検索エンジン広告のそれとは比較のならないものだ.

しかも比較的安く出稿できる.これは良い.
“FX”のような競合ヤバイキーワードだと,1クリックあたり4桁取られることもあるようなgoogleに比べて,
こちらはそんなことはない.

かなり経費を抑えられるtwitter広告,広告主の方はぜひ活用してみてはいかがだろうか.

マーケティングの力ってすげー

マーケティング

正直なめてましたよマーケティングという言葉を.

ちょっとgoogle広告,リスティング広告,PPC出稿したり,知識があったりしてただけで,
実際本腰入れてみると,やはりビジネスにおいて”マーケティング”は不可欠ですね.
SEOとツイートだけでやっていくなんて茨の道.

ちゃんとマーケティングしよう!マーケティング万歳!

実際の獲得インプレッション

マーケティング

こういうのって恐らく,規約的には「言うな」何だと思う.
なので細かくは言わないが,

20分くらいコーヒーでブレイクタイムしてる間に500人弱のインプレッションと3つくらいのコンバージョン が出た.

まぁtwitter広告,とりあえず試してみる,で,いいんじゃない?(ご満喫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です