機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Twiter検索結果にユーザー名が混入してるバグについて調べてみた

こちらを見て欲しい。

https://togetter.com/li/1041587

精度が低いだけならともかくなぜにユーザーネームやIDまで検索結果に拾ってくるんだ。その単語を名前の一部にしている人の呟きに興味があると思ってるのか。あるはずがない

禿同。

ツイッター社は潰れたいのかな?俺がもっとユーザー視点に立った類似サービス作ってやろうか?

“ツイッター検索 ユーザー除外”

って検索しても、特定のユーザーの除外に関する記事ばっか。

じゃあ、英語で。

“twitter search exclude user”

んー、だめ。ない。

“twitter search exclude username”

これもスペシフィックなユーザーをIDで除外する、いわゆる”-from:id”の記事しかない。

“twitter search exclude screenname”

じゃあこれはどうだ。

https://stackoverflow.com/questions/24031352/how-to-exclude-screenname-in-twitter-search-api

ここが引っかかって、この質問者もジャストな質問してるんで、期待して回答を見てみる。

Have you tried “-from:screename”?

この回答にはlol不可避。

そうじゃねーよw

多分この人は、知らないんだろうな、Twitterの、いわゆるユーザーネーム、これは、スクリーンネームって言うことを。

普通のユーザーは知らないことだと思います。でも、これAPIリファレンスとか読んでたら出てくる単語だからね。開発者なら知ってて当然のはずなんだけどなぁ…。

ってことで、英語で検索しても出来こないどころか、この仕様自体が空気みたいに黙認されてるみたいなので、今後も変わることはないでしょうね、このクソ仕様は。

以上です。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります!!
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

ごめんなさい!この記事には関連記事が1つも見つかりませんでした。

管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu