PythonでPoloniex APIを使用して仮想通貨の価格を取得する

FUMILOG ブログ

Poloniex APIのラッパーであるpython-poloniexを使用させていただきます。
短いコードで実装が可能になります。

インストール

こういう感じで色々得られます。

Pythonの辞書(ハッシュ)の値はこういうふうに取得します。

出力は辞書形式なので、最後に[“last”]とか[“highestBid”]をつけるだけでおkです。

はい、ドルでラストプライスの取得ができました。

ちなみに、balanceの取得もできます。というかAPIなのでbuyでもsellでもwithdrawでもキャンセルでもできます。
balanceの確認は以下。
自分のアカウントの情報にアクセスするわけなので、API keyとSecretが必要です。各自入力してください。

ドル/円 変換

仮想通貨

しかし、円価格でもみたいですよね。なのでもうひと押し。

ドル→円 変換をします。
forex-pythonを使いたいと思います。

インストール

簡単ですね。できました。

ちなみに一ドル何円かみたい場合はこちら。

これをまとめると、こんな感じ。

ただ、このforex_python、安定しないんですよね。conection errorでまくりで、使いにくい。
なのでやっぱりドルの方が良いと思います。見にくいかもしれないですが。

最終的に、こんな感じに落ち着くかと思います。

エラー

Python2で実行するとこういうエラーがでます。3でやりましょう。

CoinMarketCap JSON API

仮想通貨

Cryptocurrency Market Capitalizations の CoinMarketCap JSON APIもおすすめです。
こちらはpoloniexと違って percent_change_7d とか percent_change_1h とかが取得できるので、結構使えそうです。

ただ確認するだけなら、サイトへ直接訪問して閲覧したほうが見やすいし早いので、こちらは僕はパスしたいと思います。
何か解析するようなことがしたいのであれば、こちらのAPIは有用かと思います。

========================

■ZAIF
管理人のイチオシ取引所!10種類を超えるアルトコインとビットコインが、国内最安値で購入できます。
> Zaif

■ビットフライヤー
国内取引所ナンバーワンのビットフライヤー。アルトコインの取引もできるし、FXもできちゃいます。
> 【キャンペーン開催中】仮想通貨ならビットフライヤー

■コインベース
海外の取引所をお探しなら、コインベース。
> 海外の信頼度の高い取引所 コインベース

■GMOコイン
ビットフライヤーでのFXは、重い+使いにくい、のでおすすめできません。 GMOコインでのFXは簡単軽い。専用のスマホアプリもとても使いやすいのでぜひ。
> 仮想通貨FXも【GMOコイン】

========================