機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Gmailで特定のメールが来た時にアラームや音楽を鳴らすようにする[Checker Plus for Gmail]

最近、どうしてもほしいものができてしまいました。それが20万円するんですけど、複数個ほしいんです。たまーに値下がりするんですけど、そういうときは2時間位で売れてしまうようです。2時間は長いようで、結構短いです。人気商品でないとなかなか2時間はないです。

そういった商品の、Keepaのメールが来た時に、寝てても起きれるように、アラームとか音楽が鳴るようにできないかなーと考えて、最終的に一つだけ方法があったので紹介します。

Google apps script

IT

まず最初に考えたのが Google apps script を使用する方法。
Gmailが来たらLINEを送る、とかの操作ならできますが、webで音楽を開くとか、youtubeを開く、ローカルファイルを開く、といったことはできないようです。

GmailのAPIがあればできるかも

IT

Google apps scriptではなく、GmailのAPIなら実現できるかもしれません。Rubyとか使って。RubyでAPIが使えるなら、その時点で勝ちです。RubyでもPythonでも、外部コマンドの実行が可能ですから。ソフトウェアでファイルを開く、という操作が可能なわけです。

たしかAPIあった気がするんだけどなー。僕の勘違いかなぁ。時間があったら調べてみます。

Checker Plus for Gmail

IT

Google chrome の拡張機能である、Checker Plus for Gmailを使用します。
最終的にはこちらの方法が一番簡単で誰でも出来やすい方法なんじゃないかなと思います。

では、音楽を鳴らすようにするまでの方法です。

  1. Gmailでラベルを作成する
  2. Checker Plus for Gmailでラベルで音楽を鳴らすように設定する
  3. スピーカーに繋ぐ

Gmailでラベルを作成する

Gmailでラベルを作成します。
特定の検索条件に一致したメールがきたら、ラベルを自動でつけるように設定します。

subject:(Keepa.com)この条件は、タイトルにkeepa.comが含まれていたら、という検索条件です。

Gmailでラベルを作成

任意の検索条件が決まったら、検索窓右側の▲ボタンを押して、”Create filter with this search” > Apply the label: をクリック。
新規作成でも既存のものでもかまわないので、ラベルを選択します。

これで設定は完了です。

Checker Plus for Gmailでラベルで音楽を鳴らすように設定する

Checker Plus for Gmail™ - Chrome Web Store からChecker Plus for Gmailをインストールします。

インストールできたら、Checker Plus for Gmailアイコンをクリックし、”オプション”をクリックして設定画面に移動します。

おすすめは、更新頻度をリアルタイムにし、アカウントを追加し、サインインを保持する をオンにしておくことです。
これで、メール通知が来るまでの30秒のラグが解消できます。

通知 設定から、閉じるまで行わない にします。

Checker Plus for Gmail

音楽を鳴らしたいラベルにチェックを入れ、通知の音楽を設定します。ここで、音楽のアップロードが可能なので、好きな音楽をアップロードしてください。

Checker Plus for Gmail

ここまでできたら、何かメールを送ってみてテストしてみましょう。

スピーカーに繋ぐ

イヤホンなどを繋いでいる場合は、スピーカーにつなぎましょう。たとえ熟睡していてもメールが来たらわかるようにしておくのが真のメールチェッカーです。

常にスピーカーモードにしておくこと

IT

僕は普段はパソコン本体から音が出ないように、イヤホンかヘッドホンを繋いでイヤホンジャックみたいにしてるんですけど、さすがにヘッドホンからの音じゃ寝てたら起きられないです。
なので、スピーカーにつなぎましょう。本体から音が出るようなモードにしておいて本体から出すようにしてもいいかもしれませんが、スピーカーの方が音量調節とか音量を考慮すると良いと思います。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります!!
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

ごめんなさい!この記事には関連記事が1つも見つかりませんでした。

管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu