機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

Chromeリモートデスクトップがカクカクで重い原因と解決法

数日前から、「Chromeリモートデスクトップ」が重くて仕方なかった。作業がままならない。
英語で調べても、どんな検索クエリで調べても、解決できない。
どこを見ても、リモートPCのインターネットの上りが遅いんじゃないか、とか、インターネット速度が遅い、回線速度が遅い、という意見ばかりで、
こんなことが原因になりうるのか、といったような事例はなかった。
しかし、僕の今回の場合、かなり特殊であり、発見も困難を極めた。

越論から言うと、「Grooveミュージック」というアプリが重さの原因であった。
ただこれは僕の環境が特殊なので、万人に当てはまるものではないだろう。あくまで、こんなこともある、という特殊な例として受け取って欲しい。

前提

いろいろ

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_f6f976ba-7dfa-4859-b989-1c4cde4c50cc.png

CPUやメモリ不足が原因ではない。

僕は普段からタスクマネージャーを見る癖をつけている。
なんか重いな、と思ったらすぐタスクマネージャーを開き、メモリやCPUを確認する。
場合によっては、降順にし、当該プロセスをキルして重い原因をスマートに解決してきた。

しかし、今回の場合、全くメモリもCPUも平常運転なのである。その他もだ。ホスト/リモートのパソコンともに。

ウィルスが原因ではない

では、次に考えた可能性が、ウィルスである。
僕は、ファイアウォールなどセキュリティの設定とかが複雑になってしまうこともあり、ノートンなどのセキュリティソフトウェアを一切入れていない。
いつどんなウィルスが入ってきても不思議ではない環境ではある。

では、探してみよう。

「プログラムのアンインストールまたは変更」を開く。

該当しそうな怪しいアプリを探していく。 ……ない。

回線速度が原因ではない

さすがにストレスを感じていた僕は、いよいよWIFIの契約に踏み切った。

[wimax]を短期契約し、普段使っているシェアハウスの共有WIFIからWIMAXの高速回線へと切り替えて作業をしてみた。

しかし、全く効果なし。

これはさすがに、ホストのインターネット環境に問題がある可能性はほぼ0といっていいだろう。

ようやく原因が判明

いろいろ

そうして、1つ、気がついた。

サブマシンで作業中、あるアプリを開いた瞬間から、「Chromeリモートデスクトップ」の動作が重くなったのである。

まさか…と思い、閉じてみると、…軽くなった。

そのアプリとは、Grooveミュージックである。

これで確信した。原因はGrooveミュージックにあると。

なぜ「Grooveミュージック」が重い原因となっていたのか

いろいろ

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_34f03dcd-9f2e-4109-b618-2d0435942a39.png

僕はこれでもオーディオに100万はかけている音楽好きである。
Grooveミュージックは、ハイレゾ音源がデフォルトで再生可能な数少ないアプリで、
使い勝手もWindows標準の割に悪くないため、とても気に入っていた。

Grooveミュージックには数百曲を超えるハイレゾ音源を読み込ませており、それは300GBをゆうに超えるものであった。
といっても、メモリをすごい消費するとか、そういうことはない。それはタスクマネージャーがよく語っていた。

しかし、裏ではそれなりの負担になっていた、ということなのだろう。
「Chromeリモートデスクトップ」にGrooveミュージックが影響を与えていたのは、間違いない。

もしここまでやっても解決しなければ

いろいろ

僕は比較的早期発見に至ることができたが、もしここまでで解決しなければ、まだ方法はある。

セーフモードでやってみる

chromeを除く全てのプロセスを実行しない状態で「Chromeリモートデスクトップ」を使用する。
これでも重いようなら、ホストPC本体ではなく、リモート先のパソコンか通信環境に問題がある可能性が高い。

他のパソコンでやってみる

違うパソコンでやってみるのも手である。

実を言うと僕もこの件が解決しそうにない、と判断したときから、サブマシンで「Chromeリモートデスクトップ」をしていた。とても快適であった。

まとめ

いろいろ

調べてもだめな場合、アブノーマルな状態に陥っている可能性が高い。
タスクマネージャーに異常がなくても、アプリを全て閉じて実行してみるとか、できることを簡単なことから順番に全てやってみると良いだろう。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります!!
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

Youtubeが超捗る最強chrome拡張機能4選
chromeをリモートログアウトするには
Chrome クリックすると勝手にリンクに飛ばされるやつをなんとかする
【48個】僕が普段使っているChrome拡張機能全部紹介します。
anydesk まとめ – Linux/Windowsで使えるクロスプラットフォームなリモートデスクトップソフトウェア
【studio one 3】リモートデスクトップで音が出ない場合


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu