今更ながらmastodonについて調べてみた

    >


mastodonっていうサービス。実は僕はローンチ1日後にはこの名前を聞いてました。
しかしその頃は技術的に欠けていたことも有り、あー、なんか難しそう。やめとこ。って感じ。

そしてあっという間に2年ほど経ち、Twitterマーケティングについて調べていたらmastodonっていうのを思い出した。
最近聞かないけどいまどんくらい成長してんだろうなぁと期待して調べてみた。


二枠目広告スペース

mastodonは何がすごいのか

どうやら、自分で改造できるSNS、みたいな感じらしいですね。
改造できるけど、別に改造しなくても簡単に作れる、サーバーがあれば。みたいな。
Rails…?っぽいので、僕には嬉しいですね。Railsわかる人なら改造捗りそう。

ユーザー数をTwitterと比べてみる。

mastodonのユーザー数は200万人程度らしいです。
Twitterと比べると、1:100くらいですね。

Googleトレンドで見てみても、勝負にならない差があります。

https://yuis.xsrv.jp/images/ss/ShareX_ScreenShot_8614e6c9-ee76-4943-94a1-7c4f435b8a1c.png

僕的には、もう結構時間も経ってるし、Twitterに対して1:10くらいにはなってんじゃねーのー?なんて思っていましたが、全然ですね…。

200万人…少なすぎる…。

結論

僕はあんまり魅力感じませんでしたねー…ユーザー数がねぇ…。

ただ、ただ、割とコアなユーザーがインスタンスによってはいるみたいなので、
例えば、転売情報とか、そういうクローズドなコミュニティの情報が欲しい、なんて時。
あとは、ブログ宣伝したい、とか。少しでもアクセスほしいみたいな。
そんな需要はあると思います。

黙って見逃せる市場規模ではないので、僕がインスタンスを起てることに消耗することはないでしょうけど、情報収集的には利用させていただきたいかと思います。

そこらへんは、[to yuipro “プログラミングブログ”]の方で今後ソースコードとともに紹介していけたら良いなーって思います。

まぁぱっと思いつくのは、マルチポスティングと複数インスタンスの横断検索。ここらへんを実装したいと思う。もっとも、既にそれっぽいのありそうだけど、なければ僕が作る。

時間あるときにやってきたいと思います。ユーザー数には今後に期待ですねぇ。分散型の観念は良いと思うので、応援はしています。




コメントを残す

Close Menu