ゼンハイザーのHD800を買ってみたのでレビューしてみる

    >

ゼンハイザーのHD800

高級ヘッドホンと言われているHD800を買ってみましたのでレビューしてみます。

詳しくない人向けにHD800を買うなら必要な知識も書いておきました。

[get_title https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MSLBBZN/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1]

端子について

HD800は標準プラグで、iPhoneは3.5mmミニプラグです。
Androidとかpcとか,iPhoneで直接挿して使いたい場合は、標準→ミニプラグ変換プラグが必要になります。

[get_title ‘https://www.amazon.co.jp/FURUTECH-オーディオ用ヘッドホン変換プラグ-6-3mm標準プラグ⇒3-5mmステレオミニプラグ-24金メッキ処理-F35G/dp/B00H7O5EQM/ref=sr_1_19?ie=UTF8&qid=1515310045&sr=8-19&keywords=3.5mm+変換’]

バランス接続

バランス接続って言葉を初めて聴いたのですが、まぁ一言でいうと音が良くなるってことらしいんですが、これができるヘッドホンっていうのは限られている、らしいのですね。
で、このHD800もバランス接続が可能と。
やり方はここでは紹介しません。紹介できません。

DACとは

PCオーディオする場合に必要になる機材です。
高音質で聞きたいなら必ず必要らしい。

アンプとDAC

で、なんかごちゃごちゃでわかりにくいわけですけど、つまり、PC→DAC→アンプと接続するわけですね。配線が大変なことになりますね…。

USB-DACとは

USB接続できるDAC,そのまんまです。PCオーディオに向いています。
USB-DACというと、だいたいアンプ内蔵です。
つまり、別にアンプを買う必要がないわけです。

ということで、僕はこのUSB-DACもセットで購入しました。

こちら:[get_title https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MSLBBZN/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1]

HD800 レビュー

さて、ここからレビューになります。

その前に、僕の所持しているヘッドホンについてお話します。
僕が使っていたのは、AD500Xというオーディオテクニカの一万円のヘッドホンです。これをずっと愛用してました。
その後、プリンと呼ばれるゼンハイザーのHD598を購入し、こちらをメインに聞いていました。
そして、HD800の購入です。

では、レビューです。
単刀直入に言います。

俺、HD598の音の方が好きだわ。

というのも、HD598単品ではなく、DACを通してのHD598です。こちらはまじで音が変わった感じがしました。いい音でした。
反対にHD800は生でもDACを通してもなんとも言えない音で、ええ、音はいいんですけれども、劇的な変化みたいなのがなくってですね…。

あくまでオーディオ素人の感想なのですが。

なんでこんな音なんかなー。

  • YOUTUBEの音源が良くないんかなー
  • パソコンが良くないんかなー(20万のPCでサウンドカードがついてます)
  • 購入したflacファイルが不良品だったんかなー
  • 偽物なんじゃねーかなー……

色々思いましたが、まぁ音は変わらなかったですね。

HD800と神相性なDAC,HDVD800(20万円します)と繋げばまた変わるんでしょうかね?
はい、一応ヤフオクでアラートセットしときましたよ。安ければ買います。

そんな感じです。

そんなはずない!こうしろ!とかあればコメントで教えてください…。

そんなことで、まとめとしては、僕から言えるのは、HD800をノリで買うより、HD598+fostexDACをおすすめします、ということです。



コメントを残す

Close Menu