Gekkoの使い方!APIで仮想通貨を自動取引(シストレ)する方法

    >

本当はbittrexなどでAPIキーを作成したかったのですが、新規登録に制限がかかっていたのでできませんでした。
他の取引所も二段階認証が必須だったり、パスポートのアップロードが必須だったり面倒で、消去法でbitfinexが残りました。
知名度も評価も悪くない取引所なので、安心できると思います。

bitfinexでAPIキーを作成します。
https://www.bitfinex.com/api

bitfinexのAPIは、一度しか見れないようになっているみたいなので、一度メモをとっておきましょう。
もし忘れてしまった場合は、新しく再発行するしかないと思われます。

インストール

gekko インストール

git clone git://github.com/askmike/gekko.git
cd gekko
npm install --only=production
node gekko --ui

使い方

Gekko は、Gekko UI で全て完結します。
順番に説明していきますね。

HOME画面

HOME画面は、特になにもできることはありません。

Live Gekko

こちらがメインの機能になります。
ペーパーテスト、実際の自動取引の設定、実行ができます。

Backtext

バックテストができます。

Local data

バックテストのためのデータをインポートします。

Config

API keyの設定をします。

バックテストをする

[info “バックテストとは
バックテストとは、過去のチャートを使って、そのストラテジーを使った場合にどのような取引をし、どれくらい収益が発生したかを検証することです。
バックテストを利用することで、ストラテジーで利益が出せそうかがわかります。”]

ベストなストラテジー

[get_title https://github.com/askmike/gekko/issues/610]によれば、CCI による以下のような設定で、3000%の利益率になるようです。

Using CCI like @decoye, with the following parameters (With a > 2 year dataset) :

CCI Gekko

[info “ストラテジーの設定

CCI
time:35m
history size:90

[thresholds]
up = 150
down = -30
“]

バックテストに基づいているので、ある程度は信用できますよね。

実際に取引してみよう

それでは、実際に取引をしてみましょう。

API key の登録

Gekko UI から、 config > API key へ。
ADD API をクリックして、取引所を選択して、API keyとSecret を入力します。

取引を設定/実行する

Live Gekko で、Startをクリック。
trading bot を選択して、ストラテジーを入力します。

できたら、実行してみましょう。

気をつけること

Gekko UI を終了してしまうと、それまでにインポートしたデータに加え、実行中のペーパーテスト、トレーディングボットも終了して、設定も消えてしまうようです。
なので、むやみに終了しないようにしたほうが良いと思います。

また、config > API key だけは終了しても設定が消えないようなので安心です。

エラー

ボット取引をはじめたときに、
こんなエラーや

Child process has died.

こんなエラーがでたのですが、

Error: SQLITE_CORRUPT: database disk image is malformed

一応解決できたので解決法を載せときます。

ちなみに僕はBash on Windows 10でやっていたので、これ特有のエラーなのかもしれないです。

cd gekko
sudo npm i -g npm
sudo npm install –only=production
sudo node gekko –ui

こちらを参考。
I never had this happen actually. I am afraid you have to delete the sqlite file for now, it’s stored in the history folder inside the gekko folder.
あなたはsqliteファイルを削除する必要があります。それは、gekko/historyフォルダに保存されています。

ということで、rm history/*を実行します。

そしたらsudo node gekko --uiして、ボット取引を設定してスタートさせてみます。

…できました。エラーがでず、ちゃんと実行されているようです。



コメントを残す

Close Menu