転売屋じゃなくてもkeepaを使え。keepaでamazon最安値購入する方法

FUMILOG ブログ

2年くらい前、転売をしていたことがあります。せどりともいいますね。電脳せどりとか。
その頃はいろんな情報商材見たり情報商材売ってる人のセミナーとかお話聞いたりしてたんですけど…いまじゃちょっと時間を浪費しすぎていたなぁと思いますね。

勉強しているうちに、いろんなツールとかノウハウを知るわけですが、そのなかでも特筆すべきツールがkeepaです。
keepaを使いこなすことが最強のノウハウといってもいいでしょう。

keepaでできること

Amazon

さて、このkeepa、なにができるかというと、過去の価格が瞬時にわかります。
商品が発売されてから、今日に至るまで、セールがあったとか、高い時期があったとか安い時期があったとか、グラフですぐにわかります。

このkeepa,最近大型アップデートがありまして、グラフ機能などもそこで追加されました。他にも、レビュー数推移、keepa人口などが見れるようになったのもこのアップデートからです。

良い忘れてましたが、keepaは無料でフル活用できます。有料でも使いたいレベルなんですけどね。月2000円までなら出しますよ。

keepaの使いこなしたい機能

Amazon

keepaの機能のうちぜひ使いこなしたい機能を紹介します。

  • 拡張機能を入れる。
  • keepaグラフを表示させるためには拡張機能を入れる必要があります。
    google chromeブラウザをダウンロードしましょう。

言い忘れてましたが、keepaをスマホで使うことはできません。なぜなら、スマホではchrome拡張機能が使用できないからです。
パソコンを買いましょう。

  • 商品のトラッキングをする
  • 気になる商品の価格が決めた価格になったらアラートで知らせてくれます。
    アラートに気づかなくても、定期的にkeepaのマイページをみることで、価格条件を満たしている商品の一覧を知ることができます。

セール時や間違い出品などの場合は短期決戦になるので、なるべくリアルタイムで購入したいところです。

あらかじめほしい商品を、値段を決めてトラッキングしておくと良いでしょう。

トラッキングは、amazon出品、新品出品、中古出品から選択できます。
コツとしては、極端に安い商品の場合、一般出品だと送料が高く付く場合があります。そんな場合はamazonを選択します。

トラッキングには無料の会員登録が必要になります。

keepaで商品解析

Amazon

keepa上級者になってくると、keepaグラフで商品がどういうものなのか解析できたりもします。

たとえば、レビューカウント。
レビューカウントがある時点でドカンと伸びている場合、このレビューはサクラの可能性があります。(もちろん、トレンドの可能性、つまり、テレビで紹介されたため、などの可能性もあるのですが、その場合はそこまで急な上がり方はしません。
サクラレビューをするような商品を信用できますか?

期間をMAXにして、価格の推移を確認してみます。
販売開始から今にかけて価格が上昇しているものは需要が高まっている商品、ジャンルなんだなとわかります。
下がっていれば、更に下がる可能性にかけてもう少し待ってみよう、という選択もできます。

keepaは海外amazonでも使えます

Amazon

あとあまり気にされている方がいないようですが、このkeepa、開発元は外国なので、当然、amazon.comでも使用できます。それだけでなく、他の数カ国のamazonでも開発が進められています。

まぁシッピングを考えると、amazon.comしか使わないんですけどね。

まとめ

Amazon

僕はkeepa使って2年になりますけど、keepaで50万円くらいは得していると思います。
何しろamazonで200万円くらい使ってますからね…

例えば20万円で売っている商品を買ってしまった場合、本当は昨日までは5万円で売っていたのに、keepaを知らなかったばかりに、そして相場を知らなかったために、大きな損をしていまったことになります。
keepaを使えばコウイウケースはなくなりますよね。悪質な出品も哀れな消費者も少なくなるわけです。

amazon限定ですが、keepaは慣れれば素晴らしい価格比較ツールになります。是非活用してみてください。


========================

■ Amazonの商品を8%安く買う方法があります

Amazonの商品を約10%安く購入する方法…それは、ギフト券を利用することです。
ギフト券を定価の最大10%で購入できるサイトがあります。:日本最大電子ギフト券売買サイト「amaten」

詳しく知りたい方はこちら:Amatenとは

========================