僕が英語を勉強している理由

FUMILOG ブログ

僕は元々偏差値68の進学校に通っていましたが、当時、英語は全然できませんでした。高1の時ですね。
どれくらい出来なかったかといえば、Be動詞と一般動詞をくっつけて文章を作っていたくらいの実力でした。よくあるやつですね。当然、クラスではビリから二番目とか。
中学はどうしてたのって話なんですが、中学も同様です。中1最初の一ヶ月くらいの簡単な英語で躓いてました。し、そもそも僕自身、英語をやる気がゼロだったので、勉強もしようと思わなかったですし、しても続かなかったろうし。

英語勉強し始めてから1年弱くらい立つんですけど、英語力としては、準2級に受かる程度です。TOEICも先日受けてきましたけど、TOEICはまだまだても足も出ない感じですね。正直むずすぎです。なんで中学の時400も取れたんやろ…よほど運が良かったんですね…というか、TOEIC難しくなってね?

それで今高校三年生なわけですけど、(6年のロスタイムは大きいです…
なんで今さら英語勉強してるのか。まぁ人によっては今更でもないよーって言ってくれると思いますが。

色々理由はあります。抽象的でマクロ的な見方も具体的な見方もして、いくつか考えました。

ユーザーテスティング

英語

ユーザーテスティング、日本ではあまり普及してませんが、海外では立派なお仕事として受注できます。
時給2000〜3000円、英語をペラペラ気ままに話しているだけで、です。
英語が話せるってだけで、こういう情報さえ知ってれば、年収600万くらい確約できるんですよ。

ゲーム実況

英語

ゲーム実況を甘く見てはいけません。ゲーム実況の市場規模は5000億円と言われており、日本のゲームセンターの市場規模と同程度です。
今後も、ソーシャルゲーム市場の成長率に負けないくらいの勢いで、伸びていくものと思われます。

海外には、ゲーム実況で数億を稼いでいる実況者がたくさんいます。もちろん、言語は英語。日本に比べて100倍は見てくれる人がいますからね。収入も100倍です。

歌手になれる

英語

音楽ができれば、シンガーソングライターにだってなれます。日本のなかでヒットするより簡単で、多くの人を惹きつけることができます。

マクロ的観点

英語

以上の3つのケースをまとめると、マクロ的観点で、”英語を話せること”が大きなメリットであることが解ると思います。

プログラミングがスムーズ

英語

プログラミング言語っていうのは英語を基盤に設計されているので、ひとつひとつの文が英単語になっている場合がほとんどです。
なので、英単語の意味がわかっていれば、スムーズにその文を理解し、覚えることができるようになります。

あとは、プログラムは日本語とかハングルとか繁体字などのアルファベットじゃない文字を処理するのがとても苦手です。
何かとエラーを吐きます。
なので、ちょっと敷居が高いですが、デフォルトで普段使う言語を日本語ではなく英語にすれば、英語の文章を処理することになるので、プログラム処理がスムーズになります。これが日本語ってだけで、エラーがでて、エラーによっては数時間取られるってことだってありますし。

まぁ、極力日本語を使わない、位の努力でちょうどいいと思います。

あともうひとつ、設計上、メソッドの名前を日本語にする人はいないと思います。ローマ字もちょっと…ってなります。まぁ、英語になるわけです。
コウイウ時に、「ユーザー…スペルなんだっけ…ログイン…スペルなんだっけ…確認…確認ってなんていうんだろう………よし、user_login_confirmationっと。」っていちいちやってると時間かかりますよね。まぁ勉強にはなってるんでこれはこれでいいと思いますが。

英語を教える側に立つことができる

英語

英語を学生に教える、塾講師や家庭教師になることも可能ですよね。
家庭教師は時給がとてもいいですから、お金に目がない人にはもってこいではないでしょうか。

個人で英語教師をやってもいいかもしれませんね。需要はどんどん伸びてくはずですから。質がよければ、金も入ってきます。

情報源はいつも英語から

英語

ビジネスにしても、なににしても、まずは英語圏から情報がでてきます。そして時間がたってから日本に回ってくるんです。技術も同じです。

M&Aだって、マルチ商法だって、仮想通貨だって、まだ日本では聞いたこともないあれやこれだって、全部英語で調べれば丸見えです。
普段から英語、そして英語のコンテンツに触れていることが大切なんではないでしょうか。

英語を勉強する必要がなくなる可能性だってある

英語

インターネットと翻訳技術の進歩に伴って、英語の壁がなくなる可能性があることは承知しています。
そんな未来が遠くないことも感づいています。

しかし、僕は英語を勉強した方が良いと思っています。

英語が完全に必要無くなる ←こうならない可能性にベットしているのです。

たしかに、ネットを介せば文章も読めますし、今は不完全でも後には完全な翻訳ができるようになるかもしれません。
しかし、どうしても隙間はあるものです。その隙間にかけてみるんです。
その隙間がなんなのかは想像もつきませんが。
…とは言いましたが一応具体例をあげると、”発声”ですね。これはネット上の技術じゃどうしようもありません。直接声帯を改造するしかないわけです。この技術の開発にはそれなりの時間がかかるんではないでしょうか。

それに、英語の壁がなくなればそれはそれでいいんです。デポジットがマイナスではなく0になった、それだけのことですから。

まとめ

英語

I never stop to study English.

======================

■英会話なら

英会話なら、ダントツでDMM英会話がおすすめです。
月2000円で毎日英会話ができます。ネイティブ講師ではありませんが、英語になまりがあるのは、ネイティブ以外当然です。色んな国の訛りを経験するのも良い体験ではないかと思います。ネイティブプランもあります。

> DMM英会話
======================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です