京王線 新宿駅で降りた際にJR南口が近い場合と遠い場合の違い

FUMILOG ブログ

京王線に乗った際、新宿駅で降りた時に、出口が近かったり遠かったり、することに気づいたかもしれません。その原因を解説します。

各駅停車、急行に限らず、新宿行きの電車に乗った場合、新宿駅では1番線に到着します。
各駅停車、急行に限らず、新宿行き以外の電車(例えば、本八幡行きなど)に乗った場合、新宿駅では5番線に到着します。

1番線は、電車を降りるとすぐのところに、JR南口やJR連絡口と繋がっている階段が現れます。
しかし、5番線では、長いエスカレーターがあり、そこからだと、南口へは、徒歩3分程度かかる程度、遠くなってしまいます。

これも、新宿駅をややこしくしている原因の一つかもしれません。