機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

パニック障害と診断され,落ち着いてきたので事の顛末を書いていく

先週から病院通いで,パニック障害のための薬を出してもらっている.
それで一応,現状症状が収まっているので,事の顛末を書いていこうと思う.

どういう状況だったか

病気

パニック障害だと分かる前はどういう状況だったかというと,やはり,心臓の鼓動が著しく激しくなるし,呼吸はできなくなるし,熱は38度になるわで,本当に
この未知の病気で,このまま**死ぬんじゃないか?^^という状態であった.

初めての発症から1週間程度は落ち着いていたのだが,やはりまた同じ症状が出て,その時は苦しみながらも救急車を呼び緊急で病院にて診断を受けた.
しかし,その時点ではやはり心拍数や動悸も多少収まっており,心電図にも異常がないことから,病院からは「診察の結果は問題ない」であった.

そして約一週間前,精神的な病気なのではないか,と疑いはじめ,近くの精神科医のもとで診察を受けた.そこでパニック障害の可能性は極めて高い,という診断を受け,薬を処方してもらった.
そして今に至る.

パニック障害を経験した感想

病気

パニック障害は実際なってみるととてもつらい.
誰しもがきっと,「このまま死んでしまうかもしれない」と思うはずだ.

実際にはパニック発作で死ぬことはなく、10分程度で激しい症状はおさまります。
それ自体が生命身体に危険を及ぼすものではない。

ただ,実際に死ぬことは無いらしい.
しかし10分程度で収まらないこともある.僕の場合は20分程度緊張状態が続いていたと思う.

「すぐ収まる」とある通り,やはり,救急車を呼んで病院に行っても,診察が始まる時点では全て収まってしまって,異常が見られない状態になっている,という僕のような事例も少なくないだろう.

とりあえず,突然の

  • 呼吸困難
  • 心拍数の上昇
  • 高熱

は,心臓や肺だけでなく,パニック障害を疑ってみると良いと思う.

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります!!
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

心臓がやばくて死ぬかと思った件
入院中にパソコンやスマホを使えるのか,調べた


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu