機能 ショートカットキー
リファレンス(参考URL)一覧へ移動 R
記事URLをMarkDownとしてコピー Ctrl+M
前のコードタグへ移動 Ctrl+←
次のコードタグへ移動 Ctrl+→
ヘルプを表示・非表示 H
Tips
- ショートカットキーは記事上で有効です。ヘッダー/フッター付近では機能しないことがあります。
- コードタグ移動機能がうまく動かないときは、Shift+F5でページを更新してみてください。
- このウィンドウを閉じるには、Hキーをもう一度押してください

おすすめのマイクは?ダイナミックマイク vs コンデンサーマイク

楽器を録音する、声優活動、歌ってみた、ゲーム実況にスカイプ…。
マイクの活用需要はますます高まっているように思います。

今回はそんなマイクの種類を用途と一緒にご紹介していきたいと思います。

マイクの種類

音楽

マイクを選ぶにはまずマイクの特徴を簡単に知る必要があります。

マイクは大雑把に分けると、「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」の2つに分けることが出来ます。

ダイナミックマイクの特徴としては、耐久性が高く壊れにくい、安価であるといったことが挙げられます。
その反面、繊細で細かい音を録音するのには向いていません。

一方コンデンサーマイクはデリケートで壊れやすく、高価なものが多いです。
しかしコンデンサーマイクは繊細な音まで拾ってくれるので、いい音が録音しやすいといえます。

ここでそれぞれのマイクに適した用途を考えてみると、

ダイナミックマイク…楽器・歌・声優 向き
コンデンサーマイク…ゲーム実況・通話(スカイプなど) 向き

といった具合にわけられます。

ただ、ゲーム実況にしても細かく録音したいのならコンデンサーマイクにする必要がありますし、声優にしてもサークル制作などの簡単なものならダイナミックマイクでも事足りないこともないと思います。

またコンデンサーマイクは単体でも高価ですが、別途でオーディオインターフェース(オーディオIF)が必要になります。他にも必要なものがあるのですが。。やはりはじめはダイナミックマイクや格安マイクで試してみるのが無難だと思います。

おすすめダイナミックマイクマイク

コンデンサーマイクを実際に試聴できる楽器屋さんが都内にはたくさんあるので、実際行って確かめてみるのもいいかもしれません。

この記事で欲しい情報が見つからなかった方へ

この記事の更新情報がある場合があります!!
この記事は以下の記事とも関連性があると思われます。

これでもう大丈夫!コンデンサーマイクの使い方と必要なもの一覧


管理人の方針で、既存の記事の編集はせず、新しい情報や大きな既存情報の更新があった場合には、新しい記事として公開することになっています。
当記事で欲しい情報が見つからなかった・解決に至らなかった場合、これらのリンクがお役に立てるかも知れません。

どうやってこの関連記事を生成しているの?
この機能のPHPソースコード(2500行)

コメントを残す

Close Menu